グルコバイの作用機序

食事としてとった炭水化物は、小腸でグルコースにまで分解されて小腸から血液中に吸収され、血糖として血液中を流れ、肝臓に行き一部は、グリコーゲンとして肝臓に蓄えられますが、膵臓から出るインスリンというホルモンに働きで、細胞に吸収され、生物が生きてゆくためのエネルギーとなります。血糖値はインスリンによって調節され、インスリンの放出が減ったり、働きが悪くなると血糖値が上がり、手足のしびれ(神経障害)や目の病気(網膜症)や腎臓病となります。グルコバイは、一般名をアカルボースといい、小腸粘膜に存在するαグリコシダーゼという酵素の働きを抑えます。αグリコシダーゼはでんぷんや砂糖をグルコースに分解する働きをしています。グルコバイを飲むと、食後の過血糖が抑えられ、インスリンの分泌が少しでいいので、将来起きる手足のしびれや目や腎臓の病気の予防につながります。グルコバイを飲む時は食事のすぐ前に飲むようにしましょう。飲み忘れても食事中ならその時すぐに飲めば問題はありません。食後時間がたってから飲んでも効果はありませんし、何らかの理由で食事が取れなかった場合も飲んでも意味はありません。他の血糖降下薬と一緒に飲む場合がありますが、そのような時は低血糖に注意してください。もしも、低血糖と思えばグルコースタブレットをすぐに飲みましょう。胃腸の安静を必要とする人(腸閉そくとか胃腸の手術後)の場合は、グルコバイを飲んではいけません。糖尿病の境界型の人や2型糖尿病(インスリンの効きが悪い人)は、食事療法や運動療法が大切です。このような方法で血糖値が下がれば薬に頼る事はありません。自分に適したやり方で、継続する事が大切です。それで効果が出ない場合は、インスリン注射とか経口過血糖治療薬との一種として、グルコバイを使用します。

グルコバイで血糖値を抑えてダイエット

糖尿病で病院にかかっていて、体重コントロールに悩んでいるという方は多いことかと思います。ですが、医療用の医薬品の中に、ダイエットにも効果がある薬があるのをご存知でしょうか。それが、グルコバイ(アカルボース)という薬です。このグルコバイは糖尿病の治療薬として国内でも広く使われており、食後の血糖値の急激な上昇を抑えるという効果があります。食事をすると血糖値が上がりますが、中でもごはんや麺類などに多く含まれる炭水化物には急激に血糖値を上げやすいという性質があり、血糖値が急激に上昇すると体脂肪の蓄積を促進するインスリンが分泌され、その結果として体重の増加につながってしまいます。逆に、血糖値がゆるやかに上昇する場合にはインスリンは分泌されにくく、体脂肪は蓄積されません。ですので、体脂肪の蓄積を防いでダイエットをするためには、食後の急激な血糖上昇を抑えることが必要になってきます。そこで効果的なのがグルコバイです。グルコバイには小腸で作用して炭水化物の吸収を遅らせ、食後の急激な血糖上昇を抑えるという働きがあります。ですので、グルコバイは炭水化物を中心とした食事を好む方に適した糖尿病の治療薬であり、ダイエット法でもあると言えます。最近話題になっているダイエット法に、「食べる順番ダイエット」があります。この方法は、サラダなど食物繊維を多く含んだものから先に食べて最後にごはんを食べることにより血糖上昇をゆるやかにするという点で、グルコバイに似た作用をもつと言えるでしょう。「薬を飲むのはいやだなあ」と感じている方も、グルコバイで糖尿病の治療をしながら血糖値を抑えてダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

グルコバイの1錠あたりの価格

グルコバイは糖尿病患者に用いられる治療薬で、食物中の糖分が腸内で吸収されるのを遅らせる効果があります。作用機序からαグルコシダーゼ阻害薬に分類され、血糖値の上昇が緩やかになることからインスリンの作用が働き、血糖値が下がりやすくなることで糖尿病の改善へと繋がります。食物療法や運動療法によって十分な血糖コントロールが得られない場合や、経口血糖降下薬やインスリン製剤を使用しても効果が得られない場合に限り使用される治療薬で、基本的に糖尿病の治療過程において用いられることになります。グルコバイには50mgと100mgがありますが、初回は50mgから開始し、忍容性を確認したうえで効果が見られなかった場合に限り100mgへと増量できるようになっています。健康保険が適応された状態で50mgは1錠あたり22円、100mgでは1錠で39円程度となっており、非常に安い価格で利用できます。グルコバイはネット通販でも購入できますが、1箱90錠入り100mgで3,000円前後となっており、1錠では33円となっているので、健康保険が適応された場合と大きな違いはありません。そもそも、糖尿病の治療で使用されるので、健康保険が適応されずにグルコバイを購入することはまずないでしょう。糖分の吸収を抑えることからダイエット目的で使用する人もいますが、そうした場合は処方されないので、ネット通販での購入となります。しかし、高頻度で使用すると低血糖症にかかる可能性が高まり、全身の倦怠感や集中力の欠如、イライラといった精神的な問題を起こしやすくなるので、使用には十分に注意する必要があります。予め健康診断などで、血糖値を確認して使用するのが良いでしょう。

ページトップへ