医師研修実施の糖尿病性腎症重症化予防とグルコバイ

糖尿病は患者数が著しく増加している生活習慣病の一つであり、2型糖尿病としてインスリン抵抗性を獲得してしまった患者の増加が続いています。それ自体には大きな問題がないものの、重篤化することによって腎症をおこしたり、網膜症を経て失明してしまったりする危険性もある深刻な病気であることが知られています。特に糖尿病性腎症となることによって人工透析を行わなければならない状況となると医療費の負担が大きくなり、一生行っていかなければならなくなります。そのため、糖尿病性腎症重症化予防のプログラムが積極的に実施されるようになってきています。性腎症重症化予防プログラムは公共機関によって実施されることも多くなり、研修を受けた医師や看護師などによる指導を受けられる様になっています。医療費の高騰が問題になっている現代では性腎症重症化予防プログラムを実施できる医療従事者の育成も大きな課題となっており、その研修も頻繁に行われるようになっているのが現状です。研修によって知識や経験を積んだ医療従者によって医療機関でもより充実した指導が行われるようになり、重症化する患者が減ることが期待されています。糖尿病治療の薬物治療の開始時にはグルコバイがよく用いられますが、グルコバイを使用する程度の進行度で抑えられるようにするということが視点として重要なものの一つです。グルコバイは比較的副作用も弱く、長期的使用に耐える程度の薬価であることから、人工透析をするのに至ってしまった際ほどの医療費の高騰は生じません。重症ではないことからしっかりと血糖値の制御を行っていけば他の疾患のリスクも高まる危険性も低いため、こういった段階で重症化を食い止めることが大切になっています。

ページトップへ