製薬メーカーのグルコバイは糖尿病の重症化を防ぐ

グルコバイは食後の血糖値の上昇を抑える薬として製薬メーカーから出されており、主に糖尿病の治療に用いられています。血液中の糖分である血糖は、膵臓から分泌されるインシュリン・ホルモンによって調整されています。このインシュリンの量が不足したり、働きが悪くなってしまうと血糖値が上昇して、糖尿病の発症に繋がるわけです。これを放置してしまうと、手足のしびれ等の神経障害や網膜症等飲めの病気、そして腎臓疾患などを併発し重症化する恐れがあると言えます。製薬メーカーから出されているグルコバイは、腸からの炭水化物の摂取を遅らせる作用があります。それにより食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きがあり、インシュリンの分泌を抑制します。そのため、膵臓への負担を軽減することができ、通常の生活において血糖値を適性に保てるわけです。此れが、将来的に様々な合併症が発生し重症化するリスクを大幅に軽減することに役立つと言えます。

小腸の粘膜にはαグルコシダーゼという酵素が存在していますが、これは砂糖や炭水化物をブドウ糖に分解する働きがあります。製薬メーカーから出されているグルコバイは、この酵素の働きを妨げることで、取り込んだ栄養素がブドウ糖へ分解される速度が遅くなるわけです。その為、ブドウ糖が体内に吸収されるのも遅くなり、食後の血糖値の急激な上昇が抑えられることになります。当薬剤は従来の血糖降下薬と異なっており、インシュリンの働きに直接作用するものではありません。それ故、名称としても「食後過血糖改善薬」と呼ばれることもあり、血糖値降下作用は弱いものとなっています。通常は、SU薬等の他の血糖降下薬と併用する場合が多くなっています。注意点としては、胃腸の安静が必要とする場合で、腸閉塞や腸の癒着等の症状がある人は、ドクターの指導の下、慎重に用いる必要があると言えます。尚、重症化している感染症にはインシュリン注射が必須です。

ページトップへ